Weekly Reports

週報一覧M2 ▷大橋 春奈M1 ▷胡 京輝任 一然彭 暁威B4 ▷奥野 達也片田 澄海上山 遼馬川野 陸木村 和輝小林 息吹小林 和哉佐藤 沙耶田崎 厚太谷口 比呂夢田村 健一郎新田 彩実果野崎 響羽山 敦哉本多 広隆渡辺 拓海渡邉 彪我小太刀 遥香富田 尚B3 ▷
上のタブを選択すると、週報ページの最新3記事分がこの領域に表示されます。
(※週報は30分間隔で更新されます。)

Master's thesis

(最終更新: 2019年6月26日 00:45:51)

2019/6/24 - (更新: 2019年6月24日 20:25)

 

 

先週更新するの忘れました…

 

 

 

先生との話し合いをして,今後やることととしては

①7/5までにバリの学会の資料を直す

②7/27の中間発表に向けて実験を行い,分析結果まで出す

 

 

ということをやっていきます

 

 

 

①について

先生が買ってくださった本のなか(eye trackingの本)から,使えそうなところを参考として取り入れたいなと思ってます

あとは,査読?で指摘されたところを取り入れることをします.

(それが難しいんだよなあ…)

 

 

②について

実験を明日から行いたいと思います.

研Cの高さ(垂直方向)と,研Cからの距離(水平方向)を測ったので(さとさやちゃんお手伝いありがとう)

あとは首の角度を測る実験したいなと思ってます

 

 

あれだな,あと,

 

この,角度を測って距離はまだ測ってないんだよね…

 

測り方どうしよ

 

 

 

あと実験準備の時さとさやちゃんに指摘されたのが,『身長によって首の角度変わってきそうですよね』ってこと

 

 

たしかにな~と思いました

 

 

ある程度身長を固定する必要があるのか,はたまた身長がある程度違っても首の角度は変化しないのか,調べる必要があると思いました

 

 

もしくは,『このくらいの身長の人はこの首の角度』みたいな指標が作れればいいのかな???

 

以下活動時間等

 

〇活動時間

・6/18  関連研究調査    3h

・6/19  自分の研究の見直し 2h

・6/20    実験方法について  2h

・6/24    距離調査等     3h

 

計: 10h

 

なんか学校にいるのにできてないんだけど…なにしてんのあたし

 

〇来週の目標

・晴れた日に実験を行う

・論文直しを行う


2019/6/11 - (更新: 2019年6月11日 21:23)

 

 

先週先生方と新しく行う実験の確認などをしたので,今週はそれをまとめて次の晴れた日に実験がすぐできるようにしとこと思った所存です…

 

 

新しく行う研究について,テーマは5月頭に決めたやつのままなんだけど,遠くからとった映像から人の(体の向き)首の向きでどこを見ているか出すってやつにしようと思ってます(簡単に書きすぎ)

 

 

修士第1,2クォーターでロジカルシンキングって授業があったんですけど,それに基づいて今回の研究の位置づけをしてみたりもしました.

 

 

 

 

 

 

そしてそのあと,関連研究を読みつつ実験の概要をまとめたりしてました.

以下ちょっとまとめたのを載せます

 


 

  • 目的

現在,人の視線方向を測定するカメラの技術が発展してきているが,それらの手法では近距離で目領域を測定すること,高解像度なカメラ専用の装着型デバイスを使用することが条件であることが多い.このため本研究では,遠距離撮影かつ目の領域を特定できない場合における,首の角度や顔の向きに基づく視線方向の検出を行うことを目的とする.

本実験では,固定カメラを用いて高所に設置された物を見る際の首角度測定を行い,傾きと高さの関係を明らかにする.この結果に基づき,特定の高さに設置された広告を注視した場合における首の角度の画像データセット作成を行っていく.

 

 

  • 実験
    • 実験方法

大学内の建造物において,カメラを45°(?)で外を撮影するように固定.カメラを設置した階数は2~5階の,上部に設置された広告を見上げる可能性がある範囲とする.被験者は各階に設置されたカメラを一定距離離れた場所から見る.被験者が立つ位置は,カメラを中心として−60度から60度まで,30度間隔でカメラを見てもらう.さらに,各階のカメラを見る距離において,カメラが設置された場所の真下の位置から5mから20mまで5m間隔で変更し観測を行う.一人の被験者には計20か所でカメラを見てもらい,カメラを見る際の首の角度を撮影および計測する.

 

  

 

図的にはこんな感じかなって

 

  • 首の角度測定

被験者が上を見上げた際の首の角度を計測するために,各階に設置するカメラとは別に被験者の真横から撮影するように設置した.被験者が各階を見上げる前における顎の位置を,カメラのグリットガイドに合わせて固定し撮影を行い,見上げる前と後の写真を2DCADで取り込むことで首の角度を求める.

 

 

最終的に,『この角度の時,カメラからは顔がこんくらい見えてるよ!』ってので画像のデータセットをつくりたい


 

 

最後の一文はあたしのメモですね

 

研究棟Cでやろうとしてて,まだ,距離とかは確定じゃないというか,どれくらいの距離でやったほうがいいかってのが関連研究とか探し足りないのでもう少し必要かなと

研Cの高さも調べたいし…(グーグルアースProで高さ調べられるっていうからやったけどなんか怪しいし…(20~21mくらいだった))

 

必要なものは,

・カメラ2台(上からの映像用と人の横に固定する用)

・三脚2機(どちらのカメラも固定したい)

 

なんか首の角度の測定仕方に関する研究を探していたら2DCADがでてきたのでうまく使えないかなと思って一応こうゆう風にしてみました.

 

 

 

 

最後に軽くいつもの(活動時間等)をまとめて終わります

(ちょっと実験概要を先に見てもらいたかったので後に記載させてもらいました)

 

 

〇先週の目標

・関連研究をよく読む・探す

・実験方法についてまとめる

 

 

〇活動時間

・6/5  関連研究調査    1h

・6/6  関連研究調査    2h

・6/10   関連研究調査    1h
実験方法について  5h

 

計: 9h

 

 

〇来週の目標

・晴れた日に実験を行う

・カメラの角度や人の立つ距離等,確定をさせる

 

 

(前の週報の時に学会用の結果載せるって言って載せるの忘れてしまった…次までに載せます…)


2019/5/12 - (更新: 2019年5月13日 22:38)

 

週報というか,最近やったことについてまとめて書きます…

(書くの忘れてたからね…)

 

最近は,前々にやっていた広告の配置に関する対照実験の結果を分析して,結果をまとめて,バリの学会に出す文章とかを書いてたりしました.

 

 

分析については,以下の2点に注目して分析してきました.

①最初にみたポスター広告(および構成要素)はどれ?

②一番長い時間見ていたポスター広告(および構成要素)はどれ?

 

 

そのために(私が)やったことは,

各ポスターの構成要素の領域を割り出してExcelに式を入れるとその範囲の番号が出るようにしたってこと

 

Excelに式を入れてくれたのは竹島先生.本当に感謝しかない,自分地頭が悪すぎてかなしい(努力せな)

 

 

領域番号は以下の通り

 

つまり

+2+3=左のポスターの時間

4+5+6=右のポスターの時間

ってことよね。

こんな風に領域を分けてどんくらいこのカウントがあるか一人一人やってった(Excelが重くて死ぬかと思った)

 

一部(これみれるのか…?)

 

そんでこの連続した個数から秒数とかだした

さいしょに見たやつの基準としては,

24フレーム以上おんなじところを見た場合,注目しているとして分析したよ

 

 

なんか長くなりそうだから2つに分けることにする…

結果は次の投稿でしま

 

 

 

 

 

(最終更新: 2019年7月10日 00:13:18)

七月~週報 - (更新: 2019年7月10日 00:13)

「目標」

テーマ処理

「活動時間」

毎週にちゃんと研究室にいます

「達成率」

徐々に

「来週の目標」

課題の完成


6.3~週報 - (更新: 2019年6月11日 22:28)

「目標」

情報収集

「活動時間」

6.3 (月) 13時~23時  十時間

6.4 (火) x

6.5 (水) 16時~21時  五時間

6.6 (木) x

6.7 (金) x

6.8  (土) 19時~21 時   二時間

6.9  (日) x

合計 約十七時間

「達成率」

未知

「来週の目標」

ポスターの更新


5.6~の週報 - (更新: 2019年5月14日 20:15)

「目標」

研究テーマの作成

「活動時間」

5.6 (月) 14時~18時  四時間

5.7 (火) 15時~18時  三時間

5.8 (水) 16時~18時  二時間

5.9 (木) x

5.10 (金) x

5.11  (土) 19時~21 時   二時間

5.12  (日) x

合計 約十一時間

「達成率」

仮テーマが二つ完成

「来週の目標」

もう一つテーマを書く

Come on Baby

(最終更新: 2019年5月28日 22:38:50)

2019.5.20-2019.5.26 - (更新: 2019年5月28日 22:38)

研究室にいる時間
5.20:1030-1445 合計4:15
5.21:1100 – 1310、1640 – 1900 合計5:10
5.22:合計0
5.23:1700 – 2000 合計:3:00
5.24:合計:0

合計:12:25

五月末病と一緒に進んで新しい研究テーマを考える。
可視化に関する論文を7個拝見した。
論文をどんどん読んで新しいテーマどんどん出てきにくくなる。


2019.5.13-2019.5.19 - (更新: 2019年5月21日 21:56)

研究室にいる時間
5.13:0900-1445 合計5:45
5.14:0900 – 1310、16:40 – 20:00 合計6:30
5.15:1000 – 20:00 合計:10:00
5.16:0900 – 1020 合計:1:30
5.17:合計:0

合計:23:15

プログラムの進む、研究に関する資料を調べる


2019.5.6-2019.5.12 - (更新: 2019年5月14日 20:14)

研究室にいる時間
5.6:0900-1445 合計5:45
5.7:0915-1300、1645-19:30 合計7:30
5.8: 合計0
5.9:1645-20:30 合計3:25
5.10: 合計0
5.11: 合計0
5.12: 合計0

合計:16:35

 マウスの移動軌跡のヒートマップとクリックのヒートマップのプログラムを作った。

404 Not Found

(最終更新: 2019年6月11日 23:47:54)

6.3-6.9 - (更新: 2019年6月11日 23:47)

6.3 09:00-12:00 (自宅) 3
6.4 0
6.5 19:00-23:00(自宅) 4
6.6 18:00-22:00(自宅)4
6.7 19:00-22:30(自宅)3.5
6.8 11:00-18:00 (自宅)7
6.9 12:00-18:00( 自宅 )6

合計 27.5


5.20-5.26 - (更新: 2019年5月28日 22:39)

5.20 10:00-12:00 (自宅)
5.21 0
5.22 18:00-23:00(自宅)
5.23  16:30-18:25 (研究室)19:00-22:00(自宅)
5.24  19:00-22:15?(自宅)
5.25  11:00-12:30 14:00-18:00 (自宅)
5.26 0

合計21:40


5.13-5.19 - (更新: 2019年5月21日 21:59)

5.13 09:00-14:45 5:45 (研究室)
5.14 09:00-11:00 12:10-13:10 3:00 (研究室)
5.15 15:30-16:00 00:30 (先生と相談)
5.16  18:00-23:00 5:00(自宅)
5.17  11:00-12:00 13:30-15:30 3:30 (自宅)
5.18  0
5.19 0

週報

(最終更新: 2019年10月10日 23:44:08)

週報(10/3~10/9) - (更新: 2019年10月10日 23:44)

絵画の色彩変更(2時間)

ポスター作成(4時間)

実験方法の検討(9時間)

印象変化に関する関連研究を調べる(2時間)


週報(6/24~6/30) - (更新: 2019年7月2日 22:15)

pythonのプログラミングの基礎(5時間)

代表色抽出のシステム実装&調べ(7時間)

使用する絵画選び(2時間)

発表準備(1時間)


週報(6/17~6/23) - (更新: 2019年7月2日 22:11)

代表色の抽出方法調べ(4時間)

pythonのプログラミングの基礎(8時間)

発表準備(3時間)

週報

(最終更新: 2019年12月4日 04:11:28)

週報(11/25~12/1) - (更新: 2019年12月4日 03:39)

目標:2週間でやったことをすべてやり直す、論文進める

11/26にパソコンの電源がつかなくなった

11/29 データ整理、グラフを作成、近似値直線で相関分析(7時間)

合計時間7時間

データ整理とグラフ作成は終わったが、論文をぜんぜん進めることができなかったので、来週は論文を書いていくのとまだ実験が2人足りていないのでそれも含め進める


週報(11/18~11/24) - (更新: 2019年12月4日 03:20)

データ整理、グラフ作成、比較等

11/20 自宅でc 言語勉強 ゲーム制作(迷路作り) (3時間)

11/22 自宅で論文着手研究背景、目的の見直し(5時間)

データがパソコンごと消えたので、何にもやっていない

合計時間8時間(自宅8時間)


週報(11/11~11/17) - (更新: 2019年12月4日 03:19)

目標:前回実験を行えなかったので二人実験を行う

11/12 データ整理 実験で出た数値(脳波など)をエクセルにまとめる(3時間)
ここまでのデータは無事だった

自宅でデータ整理、グラフ作成、比較等

11/13 c言語勉強 自宅でゲーム制作(迷路作り) (3時間)

データがパソコンごと消えたので、何にもやっていない

合計時間6時間(自宅3時間)

週報ー上山遼馬

(最終更新: 2019年12月20日 22:26:04)

週報(12/12~12/18) - (更新: 2019年12月20日 22:26)

今週の目標 分析、可視化、論文作成

12月12日(木) 3h
12月13日(金) 3h
12月14日(土) 4h
12月15日(日) 2h
12月16日(月) 3h
12月17日(火) 
12月18日(水) 3h

合計時間 18h

目標の達成率 60%

次週の目標  分析、可視化、論文作成


週報(12/05~12/11) - (更新: 2019年12月12日 22:40)

今週の目標 分析、可視化、論文作成

12月05日(木) 3h
12月06日(金) 
12月07日(土) 
12月08日(日)
12月09日(月) 2h
12月10日(火) 5h
12月11日(水) 7h

合計時間 17h

目標の達成率 30%

次週の目標  分析、可視化、論文作成


週報(11/28~12/04) - (更新: 2019年12月5日 22:47)

今週の目標 分析、可視化

11月28日(木) 3h
11月29日(金) 
11月30日(土) 
12月01日(日)
12月02日(月) 4h
12月03日(火) 2h
12月04日(水) 2h

合計時間 11h

目標の達成率 50%

次週の目標  分析、可視化、卒論

週報

(最終更新: 2019年7月9日 11:07:51)

週報07/03-07/08 - (更新: 2019年7月8日 20:50)

・今週の目標 

 ○発表での質問等から意見を取り入れていく

・研究活動時間、場所、内容

 ○07/06 関連研究調べ、プログラミング勉強 (2時間)

 ○07/07 形態素解析、単語の感情値の分析方法勉強 (2時間)

・合計研究時間 

 ○4時間

・次週の目標

 ○ツイート取得


週報06/25-07/02 - (更新: 2019年7月6日 02:08)

・今週の目標 

 ○

・研究活動時間、場所、内容

 ○06/27 炎上ツイート検索、プログラミング勉強 (3時間)

 ○06/29 プログラミング勉強 (2時間)

 ○06/30 ツイート検索、発表スライド修正 (3時間)

・合計研究時間 

 ○8時間

・次週の目標

 ○発表での意見を見て取り組む


週報06/18-06/24 - (更新: 2019年7月6日 01:52)



・今週の目標 

 ○炎上ツイート調べ、データ取得方法、進捗発表スライド作成

・研究活動時間、場所、内容

 ○06/20 炎上ツイート検索、プログラミング勉強 (3時間)

 ○06/21 プログラミング勉強 (2時間)

 ○06/23 ツイート検索、発表スライド修正 (3時間)

・合計研究時間 

 ○6時間

・次週の目標

 ○発表での意見を踏まえて研究



木村の部屋

(最終更新: 2019年12月12日 22:49:18)

12月5日~12月11日 - (更新: 2019年12月12日 22:49)

12月6日 被験者一人に計算問題実施、自律神経算出
1時間

12月8日 論文作成(第1章の編集、第2章作成)
計5時間

12月9日 論文作成(第3章作成途中まで)
計3時間

12月10日 論文作成(第3章作成)
計2時間

12月11日 論文作成(第4章作成、実験方法とグラフの添付、考察途中)、計算時間比較、自律神経プログラムグラフ作成、被験者二人に計算問題実施、自律神経算出
計10時間

合計21時間


週報(11月21日~11月27日) - (更新: 2019年11月28日 22:04)

11月21日 被験者二人にSilmeeを使った計算問題実験
計3時間

11月24日 計算問題の答え合わせ、時間比較のグラフ一部作成
計4時間

11月27日 被験者3人にSilmeeを使った計算問題実験、自律神経プログラムのまとめ、時間比較のグラフ、自律神経プログラムのグラフ作成
計8時間

合計15時間



週報(11月14日~11月20日) - (更新: 2019年11月23日 02:30)

11月15日 被験者二人に計算問題でのSilmee実験、自律神経プログラムまとめ
計3時間

11月18日 計算問題の差異をホワイトノイズと比較しデータ化
計1時間

11月20日 被験者二人に計算問題によるSilmee実験と4種類の音楽による脳派の測定、論文作成、編集
計5時間

合計9時間

ホラーゲームについて

(最終更新: 2019年11月7日 22:17:49)

活動内容(10月17日~10月23日) - (更新: 2019年10月31日 22:18)

10月18日 14:15~16:00 実験(部屋)環境を変えて研究を行っている

              事例の調査

10月20日 10:00~12:00 実験(部屋)環境を変えて研究を行っている

              事例の調査

10月22日 13:00~15:00 使用する機器の試運転


活動内容(10月10日~10月16日) - (更新: 2019年10月24日 21:06)

10月11日 8:00~10:00 ポスター仕上げ

10月14日 13:00~14:45 就活

10月15日 14:30~15:30 ポスターまでの内容の見直し

10月16日 13:00~16:30 就活


活動内容(10月3日~10月9日) - (更新: 2019年10月10日 20:57)

10月5日 13:00~15:00 生理指標(手汗)のデータ、機材の調査

10月6日 10:00~12:00 生理指標(声)のデータ、機材の調査

10月8日 14:20~16:15 紅華祭で使用するポスターの作成

10月9日 15:00~17:00 ポスター作成

kazuya_kobayashi weekly report

(最終更新: 2019年7月23日 02:33:43)

7/16~22_weekly report - (更新: 2019年7月23日 01:39)

目標 書き忘れた

7/16 研究室 3時間

7/17 研究室 4時間

7/18 研究室 6時間

7/19 研究室 5時間

7/20 研究室 3時間

7/21 自宅 3時間

7/22 研究室 4時間

合計:25時間

成果:カビ発生に役立つプログラムを発見した。それを利用して、一斉に繁殖する繁殖プログラムを作成した。前回、作成したパーリンノイズのプログラムとまだ作成していないが、ネバーセンシングモデル(菌糸挙動)を組み込めば、現実の動きをするカビ繁殖プログラムになると思われる。


7/9~15_weekly report - (更新: 2019年7月16日 22:30)

目標

7/9 研究室 3時間

7/10 研究室 4時間

7/11 研究室 5時間

7/12 研究室 4時間

7/13 研究室 4時間

7/14 自宅 4時間

7/15 休み

合計:24時間

成果:パーリンノイズのプログラムを作成した。これを基に疑似温度分布として、カビのトロピズム(屈性)反応を再現できる。


7/2~8_weekly report - (更新: 2019年7月16日 22:27)

目標:書くの忘れた

7/2 研究室 4時間

7/3 研究室 4時間

7/4 研究室 3時間

7/5 研究室 5時間

7/6 休み

7/7 休み

7/8 自宅 6時間

合計:22時間

成果:この週は何をやっていたのか、あまり覚えていない。多分、パーリンノイズの仕組みについて、プログラムにする際の方法を調べていたと思う。また、pythonのnumpyライブラリを勉強していた。

sheath

(最終更新: 2019年12月5日 23:07:25)

11/29~12/5 - (更新: 2019年12月5日 23:07)

11/29 論文作成&添削4h

11/30 バイト

12/1 バイト

12/2 miband4データ取得&分析、発表資料修正3.5h

12/3 データの比較&分析2h

12/4 バイト

12/5


11/22~11/28 - (更新: 2019年12月5日 23:02)

11/22 データをグラフ化、サーモグラフィの整理2h

11/23 バイト

11/24 バイト

11/25 Googleフォームでアンケート作成、実験準備2h

11/26 実験&データ取得3h

11/27 発表資料作成、データ整理3h

11/28 アンケートの集計&分析、発表資料の修正4h

合計:14時間


11/15~11/21 - (更新: 2019年12月5日 22:54)

11/15 論文第一章の修正2.5h

11/16 バイト

11/17 バイト

11/18 見やすいグラフを工夫、実験用飼料の準備2h

11/19 アンケート作成、実験用器具の準備1.5h

11/20 実験&データ取得3h

11/21 アンケート集計2h

合計:11時間

田崎の週進年歩誌

(最終更新: 2019年12月6日 00:27:35)

週報(11月15日~11月21日) - (更新: 2019年12月6日 00:27)

<今週の目標>

本実験を行う前の検証実験・実験

<活動内容>

・竹島先生と相談した結果、実験1つに対する必要時間を節約するため、本来30分5段階での実験を20分3段階に変更することを検討
・実験時間・内容が削減されても効果が影響しないかを、同研究室の3人を対象に実験
→20分3段階に比べ、30分5段階の方が自律神経バランスの振れ幅が大きい箇所が散見
 →特に20~30分の間の最大値が一気に上昇している
 →30分スマフォをいじり続けないといけないことが徐々に
  ストレスになっている可能性

機能を使わずに純粋にスマフォを利用している場合のデータを取ってみる

Total:16h

<来週の目標>

機能なしバージョンのデータ取得


週報(11月8日~11月14日) - (更新: 2019年12月5日 21:45)

<今週の目標>

フィルター・機能制限機能の問題を解消

<活動内容>

Android Stuidoでの開発
・フィルター:透明度切り替え時の途切れ解消

・機能制限:機能制限画面のボタンをタッチ時のイベント処理が正常に動作することを確認

実験を行える時間が少なくなってきたため、各機能1種に絞り被験者の母数を増やすことを検討

Total:23h

<来週の目標>

本実験を行う前の検証実験・実験


週報(11月1日~11月6日) - (更新: 2019年12月4日 03:33)

<今週の目標>

画面色相機能の問題を解消・実装
機能制限機能の作成

<活動内容>

Android Stuidoでの開発
・フィルター:キーボードとの競合問題を解消
       透明度切り替え時の途切れは解消ならず
設定とは違う箇所の処理に問題の可能性

・機能制限:緊急停止用のボタンを設置した画面自体は出せるものの、ボタンをタッチ時のイベント処理に難航

Total:20h

<来週の目標>

フィルター・機能制限機能の問題解消

週報

(最終更新: 2019年11月7日 17:06:15)

週報(10/31〜11/7) - (更新: 2019年11月7日 17:06)

・東京のメダカが減少した理由の調査。元々メダカは水田や用水路に生息の動物。都市化が1番進んでいる東京では水田はほとんどなく、用水路の水の流れが早くなるためメダカが生息できる環境では無い。

・徳島のメダカがそこまで減っていない理由の調査。徳島では都市化が進んでいるとはいえ、まだまだ水田や溜池が多いので比較的生息しやすい。さらに、とくしまビオトープという個体数が危うい動物を保護する場所を作る活動が県により進められ、地域の小学校では近場の生物を探す課外授業が行われ、地域に生きる生物について知ってもらう活動が行われている。また、キャビテーションという工事などの現場に絶滅危惧種の生息域があった場合、そこを避けて工事するか、避けずに工事する代わりに全く別の生息域を人工で作るかといった業者と県の連携も行われている。

・まだ定着していない生物のリストアップ作業中、「未定着だが危険と思われる生物リスト」を発見しました。ので、その中からさらに選び出した生物の影響予想を地図に落とし込もうと思います。しかし、生物多様性の予想は難しいので、あくまで個人の予想になってしまう点が気になります。現時点では、チョウセンイタチを選ぼうかと思っています。この種はまだ未定着ですが、九州など日本の南部に移入された個体がおり、その地域では在来種のニホンイタチに優勢を取り、山間部に追い込んでいるそうです。

・グリーンアノールという爬虫類の外来種について、地図に落とし込みました。しかし、沖縄や小笠原諸島といった日本の南に多く、全体地図で見せる意味はないかなと思うので、本土に影響する生物にするか、沖縄や小笠原諸島の細かい地域を2Dで作るか検討中です。


週報(10月3日〜10月10日) - (更新: 2019年10月10日 23:42)

・徳島県のメダカ、カダヤシの関係性について調べる

・対策を考える

・グリーンアノールの年代別生息地を地図で制作


週報(6/25〜7/9) - (更新: 2019年7月10日 00:33)

・tableauでの可視化作業

・可視化にあたって分からないことを調べながら進める

・可視化をカダヤシに限定

・国立環境研究所の生息域分布のサイトで日本地図の可視化があったので、被らないような可視化方法を同時に検討

SNS可視化

(最終更新: 2019年11月28日 22:52:44)

週報:11/16~22 - (更新: 2019年11月28日 22:52)

16:台風15号のツイート収集 6時間
17:台風15号のツイートを可視化 4時間
19:発表資料作り 3時間
以降風邪で寝込んでました。

計13時間


週報:11/9~15 - (更新: 2019年11月28日 22:49)

9:発表を踏まえての見直し 2時間
11:台風19号時の「氾濫ツイート」の収集 5時間
13:集めたツイートを可視化分析 5時間
14:台風15号の下調べ 3時間

計15時間


週報:11/2~8 - (更新: 2019年11月28日 22:44)

2:台風19号のツイート収集 4時間
5:台風19号のワードクラウド作成、考察 7時間
6:発表資料作り 2時間

計13時間

Amika's graduate study

(最終更新: 2019年11月21日 22:22:56)

11/14(Thu)-11/20(Wed) - (更新: 2019年11月21日 22:22)

-今週の目標

アンケート実施 2h

-11/14(Thu)

・MTG
・アンケート実施 2h

-11/15(Fri)

・アンケート実施 2h
大学に来たが1年生が集まらなかったので、女子のアンケートが…

-11/16(Sat)

-11/17(Sun)

-11/18(Mon)

-11/19(Tue)

・アンケート実施 3h
・夜間講座

-11/20(Wed) 2h

・アンケート実施
菊池研の女子にやってもらった

-合計研究時間

11時間
被験者が集まらなくて、学校に来ても取れなかった。

-来週の目標

アンケート実施、データ集計


11/07(Thu)-11/13(Wed) - (更新: 2019年11月14日 22:05)

-今週の目標

アンケート実施

-11/07(Thu)

・MTG
・アンケート実施 3h

-11/08(Fri)

・アンケート実施 3h
・3年面接練習 3h

-11/09(Sat)

-11/10(Sun)

-11/11(Mon)

・アンケート結果整理 1h
・アンケート実施 2h

-11/12(Tue)

・夜間講座

-11/13(Wed)

・ポートフォリオ作成
・アンケート実施 2h
・3年の就活相談
・アンケート結果 データ整理 1h

-合計研究時間

15時間

-来週の目標

データ集計、組み合わせ作成


10/31(Thu)-11/06(Wed) - (更新: 2019年11月7日 21:52)

-今週の目標

アンケート実施

-10/31(Thu)

・MTG

-11/01(Fri)

アンケート結果の整理 1h

順位づけをしたが、全て集まってからアンケートの点数合計を出した方がいいと思ったので、後日再度行う。

-11/02(Sat)

-11/03(Sun)

-11/04(Mon)

-11/05(Tue)

・アンケート実施 3h

研究室で声をかけてアンケートを実施した。あまり人が集まらなかったので、今のところ全員で7人にしか収集できていない。

-11/06(Wed)

友人にアンケート実施の声かけをしたがなかなか集まらなかった。

-来週の目標

アンケート結果の分析

週報

(最終更新: 2019年7月24日 23:56:26)

7/21-7/27 - (更新: 2019年7月24日 23:56)

今週の目標 中間レポート作成

23日 スライド修正 2時間

24日 スライドポスター修正 時間

次週の目標 中間発表


7/14-7/20 - (更新: 2019年7月16日 00:45)

今週の目標 中間レポート作成

15日 ポスタースライド作成 4時間

次週の目標 中間レポート完成


7/7-7/13 - (更新: 2019年7月12日 20:57)

今週の目標 中間発表ポスター作成

11日 論文調査 ポスター作成 3時間

12日 ポスタースライド作成 6時間

合計9時間

次週の目標 中間レポート着手

卒業研究2019(仮)

(最終更新: 2019年11月7日 20:20:51)

週報(11月1日~11月7日) - (更新: 2019年11月7日 20:20)

11月2日(土)15:00~19:00

フォーメーション変化を表現するための参考資料収集

11月4日(月)11:00~14:00

参考資料との差別化に必要なものを調査

11月2日(火)9:00~11:00 14:00~17:00

図形などを動かしてフォーメーション変化を表現

→全開同様いまいち見づらい

11月3日(水)19:00~14:00

football tactics のweb版を使用し、フォーメーションを表現


週報(10月24日~10月31日) - (更新: 2019年10月31日 22:04)

10月26日(土)10:00~15:00

得点シーンを見てフォーメーションの変化などの考察

10月26日(土)20:00~25:00

継続

10月29日(火)12:00~17:00

データの可視化方法を変更、素材集め、類似物の調査


週報(9月26日~10月3日) - (更新: 2019年10月10日 22:04)

9月28日(土)13:00~18:00

動画編集ソフト(AviUtl)をトラッキングソフトとして使用
ソフトの動かし方を調べながらソフトになれる

9月30日(月)10:00~13:00 17:00~19:00 22:00~26:00

とりあえず簡単に始めたが真上から見た映像がないため想像していたものと違うものになっているため検討

週報

(最終更新: 2019年12月5日 22:10:22)

週報17 - (更新: 2019年12月5日 22:10)

今週の達成目標
・プログラムを利用した模様の作成
・3Dモデルのブラッシュアップ

来週の目標
・論文

3Dモデルのブラッシュアップに関して
・UVマップノーマルマップ作製に手こずっているため作業が遅れている


週報16 - (更新: 2019年11月28日 21:54)

今週の達成項目
・画像をぼかしたかった

来週の達成目標
・なるべく全部終わらせる
・論文を書く


週報15 - (更新: 2019年11月21日 22:05)

今週の達成項目
・プログラムの調整
 →色の選択を出来るようにした
 →初期画像の調整
 →色のコントラストを上げた

来週の目標
・モデルへの応用

現時点での課題
・画像解像度に難あり、後から補正をかけることを検討
・3Dモデルの再調整

週報

(最終更新: 2019年12月5日 21:48:32)

週報(11月28日~12月5日) - (更新: 2019年12月5日 21:48)

今週の目標
 検証実験を行う、卒論の執筆

活動時間
 11月28日 検証実験 3h
 12月1日 検証実験 2h
 12月2日 検証実験 2h
 12月3日 卒論執筆 1h

活動内容
 1回目の検証実験を行った。21日から28日までの間で簡単にゲームをプレイしてもらい操作感になれてもらう練習期間を設けた。
 検証実験の結果、ゲームプレイの上手い人の視線を元に練習した人の方が先のステージに進むことが出来ていた。被弾するとたまに下手な人の視線によく見られたライフを確認する動作が見られたが、極力ライフをみないように心がけているように見えた。
 逆に独自で練習していた人は下手な人の視線によく似ていたように感じた。しかし、独自に練習した人の中でもゲームセンスが良ければ学習した人より先のステージに進む可能性があるで、まだ効果があるかは一概には言えない。


週報(11月14日~11月21日) - (更新: 2019年11月21日 06:08)

今週の目標
 計測した視線データの比較・分析

活動時間
 11月18日(月)視線データの仕分け(自宅) 3h
 11月19日(火)視線データの分析(自宅)2h
 11月20日(水)視線データの分析、発表資料作成、論文執筆(自宅) 3h

活動内容
 計測した視線データを分析する要所ごとに切り取り、後で確認しやすいようにした。
ゲームプレイの上手い人そうでない人で比較してみて、
上手な人は
l被弾しても視線が大きく動いていない l敵本体や敵の攻撃を1番に追っている l被弾したら自分に近い敵をすぐに攻撃している
上手でない人は
l被弾した後ライフをすぐに確認している lライフを確認しているため敵をあまり見ていない
 などが見て取れました。
もう少しデータを撮りたいが時間もあまりないので今あるデータをもう少し分析し特徴を発見次第、検証実験に移りたいと思います。



週報(10月31日~11月7日) - (更新: 2019年11月7日 09:40)

今週の目標
 視線の計測を行う
 分析する場所・状況、検証方法の選定

活動時間
 10月31日 視線計測 2h (研究室)、論文執筆30m(自宅)
 11月1日 視線計測 2h (自宅)
 11月3日 視線計測 2h(自宅)
 11月5日 分析方法と検証方法の選定 30m (自宅)

活動内容
 集まってもらえる人たちに集まってもらい視線の計測を行った。機材を持ち帰り自宅でも計測を行った。また、現在の進捗を論文に加筆した。
 分析方法も定めたので来週から分析を進めていきたい。

彪我の週報

(最終更新: 2019年10月31日 20:44:56)

週報(10月25日~10月31日) - (更新: 2019年10月31日 20:44)

今週の目標
  実験を行う。取れたデータを整理する
  50%

今週の活動内容
 東京大学かるた会のA~B級の方5名に協力してもらい実験を行った。実験は実際の試合形式と同じで取り札50枚で読む札は空札込みの100枚で行い、その際にpupilとsilmeeを付けてもらい暗記時間から計測を開始し、試合が終わるまで計測を行った。実験を行っている際には敵陣をよく見ているように感じた。

 pupilのデータを整理している最中にブルースクリーンになり整理が進まなかった。現在データを研究室のPCに移して再度解析を行う予定である。

今週の活動時間
 12時間

来週の目標
 実験を行う。データの分析を行う


週報(10月18日~10月24日) - (更新: 2019年10月31日 20:20)

今週の目標
実験を行う。取れたデータを整理する
上記の予定だったが協力者の予定が合わず実験を行えなかった

今週の活動内容
  東京大学かるた会の練習日に見学に行き実験協力の依頼をし、実験協力してもらえることになった。また、競技かるたを行ってる際に意識して見ているところがあるのかといった質問を行い、攻めと守りのどちらを意識しているかで見ているところが違うことを知った。

  実験準備を行い、pupilとsilmeeを自分のPCで同時に使用するのが難しいことがわかり、実験の際に研究室のPCを借りて行うべきだと判断した。

今週の活動時間
 14時間

来週の目標
  実験を行う。取れたデータを整理する


週報(10月4日~10月10日) - (更新: 2019年10月17日 10:23)

今週の目標
実験の準備を行う。アンケートを取る。協力依頼に行く
20%

10月4日 体調不良
10月5日 体調不良
10月6日  13:00~17:20 長房ふれあい館 (八王子九重会の練習を見学、お話を聞かせてもらった。)
10月7日 体調不良
10月8日 16:30~18:00 研究室 (pupil キャリブレーションについて調べた)
10月9日
10月10日 15:00~16:00 研究室 (ポスター作製)

来週の目標
アンケートを取る。協力依頼に行く。実験を行う。
上の三つを予定していたが全体的に遅れてしまっているので急がなくてはいけない

類似楽曲検索のための音楽可視化

(最終更新: 2018年6月21日 20:55:04)

週報6/6~6/12 - (更新: 2018年6月21日 20:55)

〈今週の目標〉

・自分の研究においての可視化方法を決定(方法を細かめに)

・特徴量を抜き出すプログラムをどうするか

・どういう見せ方をするか (イメージ図を用意する)

 

〈活動時間〉

学校外

・6/8(金) 13:00~16:00(3時間)

・6/9(土) 15:00~18:00(3時間)

・6/10(日) 15:00~18(3時間)

計時間 9時間

 

〈達成度合い〉

30%

〈実際に行ったこと〉

MIRtoolboxの説明書を読むことをまず行った。すべて英文のためかなりの時間を使い、体調がなかなか良くならず(たぶん牛乳を飲んだせいで腹痛になり)、自分の研究の方が疎かになってしまった。

MIRtoolboxで取れる特徴量は主に
・音量
・弱音の割合
・テンポ
・波形が0を取る回数
・85%を占める低音の割合
・高温の割合
・不協和音の多さを示す値
・音質の変化の大きさ
・根音に従っていない音の量
・長和音と短和音の音量の差

このようなものがあった

可視化方法の決定がいまいちまだできてないため来週もやっていきたいなと感じた。そして、特徴量を抜き出すプログラムをどうするかやどのような見せ方をするかをまだちゃんとできていないためまとめていこうと思います。

〈来週の目標〉

・自分の研究においての可視化方法を決定(方法を細かめに)

・特徴量を抜き出すプログラムをどうするか

・どういう見せ方をするか (イメージ図を用意する)

・類似度で楽曲検索を行うためどのように検索をするか

 

〈今週のつぶやき〉

個人的に体調を崩しやすい季節で…ほんと体調管理をきちんとしていかなければなと感じてます (いつも)
最近は、牛乳にあたることが多くなってしまって(コーヒー牛乳、イチゴ牛乳etc)、飲みたいのに飲めない辛さを味わっています。体調とかそういうのが関係するのかな…

とにかく頑張りって行きたいと思います…!


週報5/30~6/5 - (更新: 2018年6月21日 20:54)

〈今週の目標〉

・研究内容の変更に伴い関連研究を一から調べ直す

・実際に自分の研究で行いたい可視化方法を見つける(可視化するにおいての何の特徴量を使うかを考える)

・スケジュールの組み立て

 

〈活動時間〉

学校外

・5/31(木) 16:00~19:00(3時間)

・6/1  (金) 13:00~15:00(3時間)

・6/2  (土) 15:00~17:00(2時間)

・6/3  (日) 15:00~18:00(3時間)

・6/4  (火) 20:00~22:00(2時間)

 

計時間 16時間

〈達成度合い〉

60%

〈実際に行ったこと〉

研究内容の変更のため自分の研究に関係する可視化を調べた。

 

〇可視化による楽曲間の類似度解析

・音楽演奏情報から特徴量を抽出を行い、2区間を比較し求められる類似性を類似グラフとして可視化
・可視化する音楽データ4/4拍子のStandard MIDI Fileを用いている


和声進行を用いた楽曲間の可視化


音の構成比を用いた楽曲間の可視化

〇音楽のDNAを可視化する『MusicDNA』
(研究ではなくブラウザ上で可視化を行えるコンテンツ)

・楽曲の周波数をリングの形に可視化
・曲中にある時点におけるアクティブな周波数をもとに色付け・円形性が行われている
・周波数の増幅率の正確な数値が必要であるためプロの手によってマスタリングが行われたポピュラー音楽や電子音楽が望ましい


実際に可視化できるページ→ https://aerotwist.com/lab/music-dna/

 

〈来週の目標〉

・調べた研究での可視化を実践

・自分の研究においての可視化方法を決定

・どのような楽曲を扱うか選曲

・実際に研究で使用する楽曲を1つでも可視化を行う

 

 

〈今週のつぶやき〉

研究内容を変更したのでより一層やる気を出さなきゃいけないと思いました。頑張ります…


週報5/23~5/29 - (更新: 2018年6月21日 20:54)

〈今週の目標〉

・画像に可視化する可視化研究を1から調べる

・曲の可視化の研究の違いを見つける(いくつか挙げる)

 

〈活動時間〉

学校外

5/24(木) 17:00~19:00(2時間)

5/25(金) 13:00~16:00(3時間)

5/26(土) 16:00~19:00(3時間)

5/27(日) 16:00~18:00(2時間)

5/29(火) 11;00~12:30(学内:1時間30分)

計時間 11.5時間

〈達成度合い〉

60%

 

〈実際に行ったこと〉

画像に可視化する方法を調べていたところ自分が考えていた可視化方法とは別にいいなと感じたものがあり、そのような可視化方法を活用していきたいなと感じたため…

このような画像に可視化するものが

音楽のDNAを可視化する『MusicDNA』

ブラウザ上での可視化を行える可視化コンテンツ

可視化による楽曲間の類似度解析の可視化結果例

 

実際に研究内容などみて思ったこととして、スコアを読みやすくするという内容で進めていたが、この研究においていろんな方法がもう存在しており新規性を見出すのが難しく感じる。
仮で研究テーマを出さなければいけないのでどうにか新規性を見つけるか新しく違う研究にするか決めたいなと感じた。

〈来週の目標〉

・研究内容の変更に伴い関連研究を一から調べ直す
・実際に自分の研究で行いたい可視化方法を見つける
(可視化するにおいての何の特徴量を使うかを考える)
・スケジュールの組み立て

 

〈今週のつぶやき〉

音楽に関する研究ではあるが、研究内容が変更になったためより一層計画的に進めていかなければなと感じた。

就活や講義、研究をバランスよく進めていければなと…

 

 

歯科現場でのAR技術の利用

(最終更新: 2018年7月4日 04:38:29)

週報(7/2~7/8) - (更新: 2018年7月4日 04:38)

活動時間

7/2(月)内定を貰える状態の3次面接

 


週報(6/25~7/1) - (更新: 2018年7月4日 04:26)

活動時間

6/26(火)18:00~20:00 研究室:2:00

6/27(水)病院(貧血、過労)

6/28(木)病院(貧血、脱水症状)

6/29(金)19:00~20:30 研究室:1:30

合計3:30時間


週報(6/18~6/24) - (更新: 2018年7月4日 04:22)

活動時間

6/19(火)18:00~20:00 研究室:2:00

6/20(水)企業説明会&1次選考会

6/22(金)17:00~21:00 研究室:4:00

合計6:00時間

金曜日に2次面接があった